エクセルでローンの返済シュミレーションを作る方法

エクセルは表計算ソフトで、自分で様々な計算ができるようになっています。そして、これはカードローンの返済シュミレーションにも活用できます。ただし、金利計算のできる表を自分で作るためには、エクセルの知識が必要です。ウィンドウズを使用している人のほとんどのパソコンにエクセルは入っていますが、たいていの人が具体的な利用方法がわからないというのが現実でしょう。そのため、金利計算をする表を作成する際には、インターネットで情報を調べるのが手っ取り早いです。

また、スマートフォンのアプリにも、カードローンの金利計算が可能であるものがあります。広告が入ってもよいのなら無料で活用することができますし、返済の管理も確実に行うことができます。したがって、手軽に利用したいのであれば、こちらを活用することもおすすめです。

そのほか、カードローン業者のサイトでも金利を計算できるようになっています。現在の債務の額と利率、毎月の支払額を入力することで、どれくらいの期間で返済が終わるのか、支払総額はどのくらいになるのかが一瞬にして表示されます。これも無料で使用できますので、このまま返済を続けていればどれくらいの期間で支払いが終わるのか、どれくらいの総額になるのかを知りたい人は活用しましょう。

以上のように、様々な方法を活用して費用をかけずに金利計算をすることは可能ですので、返済の見通しを立てるためにもぜひ活用してください。